結婚式はなぜ6月が人気?

6月の花嫁は、ジューンブライドと言われます。
聞いたことがある方も多いと思います。
これはヨーロッパでこの時期に結婚が多く日本でもいつの間にか定着しているのですが、実はこの6月に結婚式を行うのはヨーロッパと日本では全く意味合いが違います。
ヨーロッパの6月は、一年中で一番雨が少なく、気候が穏やかな時期なので、好んでこの時期に結婚式を挙げる人が多かったようです。
では、日本ではどうでしょう?
日本はこの時期は梅雨で雨になってしまう可能性があります。
実は、この時期は結婚式場の予約が埋まらない為にジューンブライドを利用した戦略とも言えます。
戦略と言えば少し聞こえが悪いかも知れませんが、やはりジューンブライドに憧れて6月に結婚するカップルもいるので結婚式場側としても成功と言えるでしょう。