現代を生きるうえで注意すべきこと

近年、スマートフォンの普及に伴い、スマホ症候群と言われる病気が増えています。
スマホ症候群とは、通常は首は少し湾曲していますが、スマホやパソコンを猫背で長時間続けていると、ストレートネックと呼ばれる緊張した筋肉に首の骨が前方に引っ張られる状態になります。
首の働きと言えば、ボーリングの球と同じぐらいの重さのある頭を支える重要な部分であり、ストレートネックになると重心がずれて首に負担がかかり、頭痛や肩こり、腰痛などになりやすくなります。
ひどくなると、めまいやパニック障害なども起こりうると言われています。
1時間に1回は休息やストレッチをする時間を持つように心がけることが大切です。
特に女性に多い病気なので気をつけましょう。